村田明子
  • ITEM DETAIL
  • 村田明子が選ぶ「bodco FRENCH SLV SHIRTS」

  • 「着ている感じがしない、あたりが全くない、bodcoのTシャツ。普通は、縫い目の糸で若干なりとものテンションがかかるのですがそれが全くなくて、体に沿って動くというか、とにかく贅沢なTシャツ。SoftSeam(「縫い目の構造」で特許取得)で縫製した製品で、縫い代がないんです。糸もコットンを使っていたり…とにかくこだわっているアイテム。自分のブランドのコンセプトとは別の意味で精神的豊かさみたいなところがあります。」

    bodcoが特許を取得したソフトシームで縫製したFRENCH SLV SHIRTS。bodcoのベーシックラインのアイテムで、ベビー肌着で定評のあるスマイルコットン社の生地を採用しています。このソフトシームは縫い代がないことと、縫製する糸自体を生地を編み立てる糸で縫製が可能になったことが最大の特徴です。通常カットソーを縫製するための糸はミシン用の糸(スパン糸といって強度のあるポリエステル素材)でしか従来縫製ができなかったのですが、生地の糸で縫製ができるため、アタリが自然的(むしろ感じないレベル)で着ている感じがしません。全く新しい着心地に驚くことでしょう。ソフトシームは日本の技術です。

    【世界初の縫製技術「SoftSeam(ソフトシーム)」(現在「縫い目の構造」で特許出願中)】
    1:縫い代をなくしました。フラットで平面に継ぐことが可能になりました。
    2:ステッチの無い技術を開発しました。生地に伸びに対してどこまでも対応できます。生地に対して伸びるので(縫い代がないため)、ストレスがありません。
    3:縫うから「編む」方法を実現しました。通常の縫製機器(ミシン)で糸抵抗ゼロ状態を開発しました。
    4:縫製糸に身生地の編立糸が使用できます。どんな糸でも使用可能で、縫い目が生地の継ぎに変換されます。
    それは、同じ素材で繋げるので肌に対しての当たりは、ホールガーメントと同じようになり、また立体的に編み出せる技術です。
    ホールガーメントは、あくまで作れる形に限界がありますが、この方法はホールガーメントの『タッチ(着心地)』で洋服を作ることが可能になります。また、強度は身生地の糸を使用しても、従来のステッチ商品より強度があります。ミシン機器100年強の歴史において、世界初の後方を作り出しました。従来の縫製方法を、編む工法に変えました。通常の縫製にかかる時間の約3〜4倍かかり、最終的に行う工程はすべて人の「手」が加わります。

    【bodco(ボッコ)】
    ボッコは独自のコンゼプトをもったアンダーウェアブランドとして、新しいスタイルの肌着を提案していきます。シンプルかつベーシックなデザインを特徴としながら、bodcoのアイテムは肌着であると同時に、外出着としても着ていただけるようデザイン、また独自の色を毎シーズン提案していきます。bodcoは吸水性や保温性といった肌着の機能を十分に満たしながら、着る人の肌感性に響くような、精神に豊かさを与えることができるプロダクトを目指します。bodcoではスマイルコットン社製のコットンを採用。赤ちゃん用の肌着として開発されたこの柔らかく、まるでカシミヤのような肌触りのコットンは、敏感肌の方々にも着ていただけるコットンです。

    ※サイズ:着丈61、肩幅30、身幅33.5、裾幅33、ウエスト幅27.5、モデル女性:身長168
    ※素材:コットン75%、ナイロン23%、ポリウレタン23%

    > bodcoのアイテムを一覧で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この商品以外で、村田明子が選ぶアイテム

bodco POCKET T-SHIRTS

11,500円(税抜)

ボヘミアンシーウォーター

3,800円(税抜)

みのり苑のお香セット

3,500円(税抜)

Copyright © HATCH and eight co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.