小林布結里
  • ITEM DETAIL
  • 小林布結里が選ぶ「bodco LONG TEE」

  • 「SoftSeam(「縫い目の構造」で特許取得)で縫製したアイテム。通常、生地と生地を重ねて縫われる手法が一般的ですが 縫い代が無く平面に継ぐ事が可能となり、生地同士の重なりのよるごわつきのない着心地となれます。そしてステッチが無いので生地の伸びにも制限が無くなり柔軟になり、従来のステッチ商品より強度があります。着用時にストレスがなく、ほつれ及び滑脱、伝線も防止する事が出来ます。
    ↑従来の縫い目にある生地の重なりとか、糸によって起こる制限とかその事を存在と認識していなかったし、疑問にも思わなかった…。いや、bodcoがいつからその生地の重なりを負担に思ってたのか教えて欲しい。空前のリラクシングとかライフスタイルブームにより周りが唐突にほっこりし始めたその横で、生地の重なりの負担を憂いていたのだろうか。リラクシングをスローガンに掲げていい人って、きっとこういう人なんでしょうね。」

    風合いの良いオリジナル綿素材の生地を、bodcoが特許を取得したソフトシーム縫製で作られたワンピースは片方に大きなスリットがあるのが特徴。サンダルやスニーカーでラフに着用するのやヒールに合わせるのもおすすめです。

    【世界初の縫製技術「SoftSeam(ソフトシーム)」(現在「縫い目の構造」で特許出願中)】
    1:縫い代をなくしました。フラットで平面に継ぐことが可能になりました。
    2:ステッチの無い技術を開発しました。生地に伸びに対してどこまでも対応できます。生地に対して伸びるので(縫い代がないため)、ストレスがありません。
    3:縫うから「編む」方法を実現しました。通常の縫製機器(ミシン)で糸抵抗ゼロ状態を開発しました。
    4:縫製糸に身生地の編立糸が使用できます。どんな糸でも使用可能で、縫い目が生地の継ぎに変換されます。
    それは、同じ素材で繋げるので肌に対しての当たりは、ホールガーメントと同じようになり、また立体的に編み出せる技術です。
    ホールガーメントは、あくまで作れる形に限界がありますが、この方法はホールガーメントの『タッチ(着心地)』で洋服を作ることが可能になります。また、強度は身生地の糸を使用しても、従来のステッチ商品より強度があります。ミシン機器100年強の歴史において、世界初の後方を作り出しました。従来の縫製方法を、編む工法に変えました。通常の縫製にかかる時間の約3〜4倍かかり、最終的に行う工程はすべて人の「手」が加わります。

    【bodco(ボッコ)】
    ボッコは独自のコンゼプトをもったアンダーウェアブランドとして、新しいスタイルの肌着を提案していきます。シンプルかつベーシックなデザインを特徴としながら、bodcoのアイテムは肌着であると同時に、外出着としても着ていただけるようデザイン、また独自の色を毎シーズン提案していきます。bodcoは吸水性や保温性といった肌着の機能を十分に満たしながら、着る人の肌感性に響くような、精神に豊かさを与えることができるプロダクトを目指します。bodcoではスマイルコットン社製のコットンを採用。赤ちゃん用の肌着として開発されたこの柔らかく、まるでカシミヤのような肌触りのコットンは、敏感肌の方々にも着ていただけるコットンです。

    ※サイズ:着丈120、肩幅37.5、身幅48、裾幅55、モデル女性:身長168
    ※素材:コットン100%

    > bodcoのアイテムを一覧で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この商品以外で、小林布結里が選ぶアイテム

MA deshabille AMBER

38,000円(税抜)

bodco PONCHO

34,000円(税抜)

アルジタル グリーンクレイペースト

900円(税抜)

Copyright © HATCH and eight co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.