• HATCH  >  
  • 佐々木俊尚【インタビュー記事】

佐々木俊尚が選出「レイヤー化する世界」をより深く知るために、今触れるべき書物

世界の構造が変わろうとしています。この先にいったい何が待ち受けて、その新しい世界の構造はどのような姿をしているのか。自己啓発本を読んでいるだけでは、新しい世界を知ることはできません。
歴史を遡り、文化の奥深くにまで沈潜し、多くの先人たちがつくりあげた素晴らしい思考の数々に触れていく。
そこで得られる新鮮な体験の先にこそ、新たな世界観が見えてくるでしょう。
HATCHを通して、新しい世界の構造を知るための恰好の入り口となる書籍を紹介していきます。


 

新しい世界観はつねに回り道の先にある

私が選んだ本を5点お届けします。しかしそれらのコンテンツがただ送られてくるだけでは、皆さんの心の中に「なぜこの本をいま読む必要があるのか?」という疑問も浮かんでくるでしょう。
そこでセットとともに、「この本をどう読むか」を濃密かつわかりやすく解説したきれいなリーフレットを同封します。
今回、HATCHのためだけに、私が書き上げたリーフレットです。
リーフレットは約11,000文字の分量。これだけでもじっくりと堪能できる読み物として楽しんでいただけると思います。

 

私はどのようにこれらのコンテンツを選んだのでしょうか

情報にはフローとストックがあります。前者は日々流れていくニュースなどの情報。いまのように時代が素早く進化し、日々状況が変化していく中ではフローの情報をきちんと収集していくことは本当に大切です。
しかしフローの情報を見ているだけでは、情報の洪水に溺れてしまいます。いま自分がどこに立っているのかという位置を見失ってしまうでしょう。
そこで重要なのが、ストックの情報。あなたの中に静かに定着し、思考の基盤を作っていくような情報。それらはニュースから得ることはできません。書籍などの統合された世界観を伝えるコンテンツからこそ得ることができるのです。
テクノロジーによってこの社会がどう変わっていくのかを日々論考し、その論考を言語化する仕事に挑戦している私は、こうしたストックの情報を非常に大切にしており、膨大な書籍を読み続けています。ありとあらゆる分野の音楽を聴き、さまざまな映画にも触れています。
今回のHATCHのセレクトは、私がそうやって拾い集めてきた膨大なコンテンツの中から、「これこそが新しい世界へのみちすじを示すものだ!」と感じた作品ばかりをご紹介していきます。

 

たとえばどんな本が送られてくる?

多くの人が日ごろよく目にするベストセラー作品は、ほとんど含まれておりません。
過去に刊行されたけれども、あまり多くの人の目に触れないまま「知るひとぞ知る」と言われるようになった作品。
テクノロジーとはまったく関係ない分野の作品だけれど、新しい世界のテクノロジをきわめて鮮やかに理解できる作品。
難解で読みにくそうな思想書や人物について、わかりやすく解説してくれている作品。
そうした作品を中心にラインアップしています。



 

Sasaki Toshinao

インターネットやコンピュータのテクノロジは、われわれの社会をどのように変容させていくのか?ネットとリアル社会の境界部分ではどんな衝突が起こり、どのようにリアルはネットに呑み込まれ、そしてどのように融合していくのか?その衝突と融合のリアルな局面を描いていくこと。そしてその先に待ち受ける未来ビジョンを、できうるかぎり事実に基づいて描写していくこと。それが私の仕事の基本的なテーマです。

http://www.pressa.jp/
https://twitter.com/sasakitoshinao
 
Copyright © HATCH and eight co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.