• HATCH  >  
  • AKLO【インタビュー記事】

自分の今まで全てがインスピレーション

高校生の時、アメリカの学校に通っていたのですが、周りはみんなHIPHOPを聞くし、すごく流行っていて、それで自然とラップを始めるようになりました。
18歳くらいで日本に戻ってきて、当時からライブをしていたのですが、他のラッパーに、「お前、なに英語でラップしてんだよ」と言われて。その時に、確かにそうだなって、納得してしまったんですよね。伝わらないと意味ないよなって。しかも、そう言ってきた人達より、自分の方がカッコよく日本語ラップできそうな気がして、そこには悔しい気持ちもあって、じゃあやってみようって、始めました。
2006年頃にはNYに住んでいて、自宅でレコーディングスタジオをやっていました。いろんなラッパー達がうちにレコーディグをするために来るっていう状況の中、みんなミックステープを作っていて。それで日本に帰ってきて2010年くらい、その頃の日本のラップシーンはまだミックステープをフリーでネット上にあげている人がいなかったんです。当時は無名だったので、それやるしかないなってミックステープを発表したら。それがちょうどtwitterが流行り始めた時期で、あっという間に話題になって拡散していったんです。
リリックやビートのインスピレーションは、いろんなことの小さいパズルだと思うんです。あー閃いた、よし書こう!って感じではなくて。今日は曲を書くぞって考えに考えて絞り出すように生み出していくんです。
自分の今まで全てがインスピレーションです。




 

クリエイションのハードルを下げたい

自分は、人間全員超スゲーみたいなタイプの感じなんです。
職業柄、俺がそんなラップしたらとか、俺がビートなんて作ったらとか、俺が絵なんて描いたらとか。すごい興味があっても、その道のプロがいるからといって、ハードルを上げてしまって、みんな実際はなかなか手を出さない気がしていて。テクノロジーはすごいし、YouTubeもあるし。学ぼうと思えばいくらでも学べて、本気にさえなれば超早いと思うんです。
俺ラッパー、だからラップしかしちゃいけない、ってわけじゃなくて。トラックを作ってもいいし、絵も描いてもいいし、バッグ作ってもいいし。
別にそんなに構えなくても、クリエイションするのはカジュアルに楽しく、素晴らしく健康的なものだよっていう感じ。そして、それを支えてくれるツールがいっぱいあって、それを紹介していければなって思います。
もの作りのハードルを下げたい。みんなもやってみようぜっていう感じのバイブスが伝わればいいな。

 

ハッピーな気持ちになれるもの

自分のものってなった瞬間にハッピーな気持ちになれる、そんなものが好きですね。
ものによって違うけど、見た目と機能なら、機能重視。基本的には機能が最優先で、できれば見た目もいいっていうものを探しちゃいます。
それは昔からあんまり変わっていなくて。もともとプロギアが本当に好きで、今回セレクトしたものは、プロツールなんだけど、俺みたいな感覚でプロが実際に使っているものが欲しい人がいるんじゃないかなって。俺はそうだからってこと。
普段、ものの情報はネットもありますが、口コミで得ることもよくあります。友人からの情報で、これは実際に使っているとか。これどう?とか話し合って、実際に欲しいなって思うことの方が多いですね。
自分が使っていて、自分を前に進ませてくれるようなものに価値があると思います。

 

自分が前に進むもの

もともとハイロックさんと友達で、いつもハイロックさんがオススメするものはチェックするし、すんなり受け入れられるんです。ハイロックさんがこういう風にススメてくれるってことは間違いないなって。信用している人のオススメ品だから安心できる。
それってすごくいいことだなって思うんです。だからHATCHのその道で活躍されている人達が選ぶっていうコンセプトにはとても共感します。
自分のスタジオが完成して、新しくいろんなギアを入れ替えたりしていて、いろんなものを試しては失敗し、を繰り返している途中なんです。その中でいいなって思ったものだけが残っていく。そういう意味で、俺の失敗を皆さんが繰り返さないためにも、自分がいいなって思ったものを紹介できればと思ってHATCHに参加させていただきました。
セレクトしていくものは、自分がそれを手に入れたことによって、ハッピーな気持ちになれたもの、自分を前に進ませてくれるようなものばかり。そういう、ものを持つことでの喜びを、俺が紹介するものによって感じてもらえたら嬉しいです。そんなバイブスが皆さんに伝わればいいかなって思います。



 

AKLO

東京生まれメキシコ育ち、日本人の母親とメキシコ人の父親を持つハーフ・メキシカン。 2012年にリリースしたデビュー作"THE PACKAGE"はiTunes 総合チャートで初登場1位を獲得。 その年のiTunes"ベスト・ニュー・アーティスト"への選出やシングル曲"Red Pill"がMTV VMAJにノミネートされるなど、 各メディアで高い評価を集め、一躍、注目アーティストとなる。2013年にはNIKE "AIR FORCE" 30周年を記念したオフィシャル・アニバーサリー・ソング "Future One" を発表。 また、同年には満員御礼となったSHIBUYA-AXでの東京公演を含む、SALUとのツーマン・ツアー [O.Y.W.M TOUR 2013] を東名阪にて実施。大成功となる。 2014年のフジロックでは、Damon Albarnのステージへサプライズ・ゲストとして出演。Gorillaz名義での代表曲”Clint Eastwood”でラップパートをグリーン・ステージで披露し話題を集める。同年9月には2年振りとなる待望の2nd ALBUM "The Arrival" をリリース。iTunes Best of 2014ではヒップホップ / ラップ部門で年間最優秀アルバムを受賞。 2015年、自身2度目のワンマンを渋谷クアトロで開催しチケットは即完。また、同アルバムからのシングル曲”RGTO”はMTV VMAJやSSTV MVAにノミネートされ、 YouTubeでは800万回再生を突破するなど、ジャンルを問わず、多くのリスナーの間で話題を集めるスマッシュヒット曲となる。 2016年1月には所属レーベルをトイズファクトリーへ移籍。6月にはメジャーデビュー作にして、3rd ALBUMとなる”Outside the Frame”をリリース。 赤坂BLITZでの東京公演含む、自身初のワンマン・ツアー”Outside the Frame Tour”を成功させる。 2017年、自身初のドラマ主題歌タイアップ曲となる”Different Man”を盟友JAY’EDとの共同名義で担当。 JAY’EDとのコラボレーション作品『sorry…come back later』を発表した。

https://www.aklo.jp/
https://www.instagram.com/aklovision/
 
Copyright © HATCH and eight co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.