尾花大輔
  • ITEM DETAIL
  • 尾花大輔が選ぶ「天神湯×新吉原 手ぬぐい」

  • 「植物が腐敗したエキスが出たような温泉のモール泉。薬草の温泉に入ってるような感じになってとても好き。全国で見てもあまりなくて、大田区に異常にあるから十分東京で楽しめる。その中でも、北品川にある天神湯は日本一黒いんじゃないかって噂も立ったくらいの銭湯。その噂を嗅ぎつけてプライベートで行ってみて。まず、番頭に若い方が二人いて、プリントTとか物販もやっている。綺麗な銭湯で、若い店主二人でやっているので、変わっているなーと思ったら、彼らから話しかけてくれていろいろ話したんです。すごく研究熱心で、お湯をどうやったら一番いい状態で提供できるかと真剣に向き合っている。それもあってすごく気に入って、HIPOPOTAMUS × N.HOOLYWOODのタオルも置かせてもらったりと交流をもっています。新吉原さんとのコラボアイテムの手ぬぐいがちょうど発売するということでご紹介。彼らがお湯を通してクリエイションしているところを紹介できて、かつ彼らの銭湯に行ってもらえたら嬉しいな。こういう古典的な手ぬぐいでお風呂に入るとより情緒が溢れるし、是非使って欲しいなって思います。」

    ※サイズ:90 × 35cm
    ※素材:100% COTTON
    ※made in JAPAN
    ※日本古来の注染技法による本染め手ぬぐいの為、汗や摩擦で色が移ることがあります。洗濯の際はたっぷりの水で手洗いして下さい。

    【天神湯】
    地下100メートルから汲み上げた黒湯は、古生代からの植物が分解されて有機物となり、ゆっくりと時間をかけて地下水に溶け込んだ天然温泉です。 有機物に結びついたミネラル分が含まれているのが特長で、地表に出ても劣化することがありません。 豊富なミネラル分が肌に優しく、湯上がり後もしっとりとなめらかに保ちます。
    http://www.tenjinyu.com/

    【粋な江戸土産 新吉原】
    東京の観光地としても有名な浅草。そこから少し離れた所にある吉原は、今では日本一のソープ街として有名ですが、江戸時代は遊郭として様々な流行や文化を生み出し、歌舞伎や小説などにも登場した歴史のある色街。そんな艶っぽい歴史を土産物に落とし込んだブランド「新吉原」のアイテムは普通の土産物では満足できない貴方にお薦め。吉原生まれ、吉原育ちの土産商 岡野弥生がデザインする粋な土産物をお楽しみください。
    ※土産物ブランド「新吉原」は吉原公認ブランドではございません。

    > 「センスのいいモノに囲まれて暮らす」特集を見る
    > 「最新ガジェット」特集を見る
    > 「大切な人への贈り物」特集を見る
    >  HATCHの特集一覧を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この商品以外で、尾花大輔が選ぶアイテム

Waterproof Bag

2,000円(税抜)

Cabeauのアンブレラ

3,800円(税抜)

N.HOOLYWOOD × HIPPOPOTAMUS

4,800円(税抜)

Copyright © HATCH and eight co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.