大沢伸一
  • ITEM DETAIL
  • 大沢伸一が選ぶ「Sleepypod」

  • 「僕の一つの夢(大げさだけど)は猫と少しだけ犬的な生活をすること。文字通り家猫は家にいるものだけど、一緒に外出もしてみたい。猫は環境の変化に敏感なのでストレスを感じさせるつもりは全然ないけど、今回は久しぶりに飼うのと単猫飼いな上に子猫なので家で一人ぼっちの時間が心配でならない。僕の事情じゃなくても病院などに行く際の外出にはある程度慣れさせなければならないし。なのでずいぶん前からいかにすれば少しでもストレスや恐怖を感じることなく外出出来るかと考えていた。で、このSleepypodは、基本は移動用のキャリアー的なもので、上のカバー部を取り外せばベッドになっている。つまりお出かけの時だけ入れようとすると恐怖しかないかもしれないけど、普段寝ているベッドに蓋をしてお出かけならばちょっとムードが変わるのかな、というアイデア。」

    カリフォルニアsleepypod社のSleepypodは、家でのベッド&外出時キャリーの一体を可能にしています。最近ではホテルやリゾート地などでも、飼い主&ペットのための快適な施設や環境に、小さな犬や猫を連れて旅行に行くことがだんだんと人気になってきています。しかし、そのような所へ行く際には、ペットをケージに入れる必要が多々ありますペットはそのケージに入ることに関して、ストレスを持っていないでしょうか?もし、ケージを使用することが病院に連れて行く際のみであれば尚更、ペットにとってはケージに入れられることが病院を意味し、苦痛になりかねません。この問題を解消するためにロサンゼルスを拠点とするsleepypod社はSleepypodを開発しました。ペットのベッドとキャリーを一つにした、移動型ベッドの誕生です。

    Sleep
    内部には手触りの良いフェイクファーがついているため、快適な眠りを誘います。これは水洗いができるので、清潔な空間を保つことができます。また、酷い汚れの際には交換も可能です。ペットの生活空間を作ってあげてください。

    Play
    Sleepypodを室内に置いておくことで、ペットは安心して自分の空間を自由に出入りでき、その中でおもちゃで遊んだりすることができます。

    Go
    ペットが慣れた環境で一緒に外出することができるので、ストレスが軽減されます。もちろん車での移動の際には安全を考え、シートベルトで固定することができます。車でのマナーを教えてあげるのも、飼い主さんの大事な役目です。

    Car Safety
    ペットとのドライブは楽しいだけでなく、多くの危険が潜んでいます。2008年カリフォルニア州では膝にペットを乗せた運転を禁止する動きとなっていますが、現状日本は車内で自由に動き回っているペットが多く見られます。そのため、思わぬ事故を引き起こしたり、万が一の衝撃に対して無防備なペットが放り出され、命を失う危険性があります。私たちがシートベルトをして大切な家族の命を保護するように、ペットの安全について真剣に考えていく事が必要です。
    スリーピーポッドは安全について真剣に考えました。実験機関JARI「日本自動車研究所」による実験結果により、運転時の速度およそ40km/H衝突時においてペット(6kgの犬のぬいぐるみ)が飛び出すことなく、スリーピーポッドによって安全に保護されることが、実証されました。衝突事故だけはでなく、急ブレーキや急カーブなどの様々なアクシデントから大切なペットの命を守るためにも、マナーあるドライブライフを提案します。スリーピーポッドはこの強い衝撃にも破損することなく、耐久性を保持しています。

    ※内容:ショルダーストラップ、メッシュドーム、フェイクファーベッド、カバーベッド、ナイロンアウターベッド
    ※サイズ
    Mini:W34、D34、H30cm、2,500g、耐体重目安 5,500g
    Standard:W43、D43、H33cm、2,500g、耐体重目安 6,800g
    ※外部素材:ナイロン ※内部素材:ポリエチレンボード、EVAファームマット、フェイクファー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この商品以外で、大沢伸一が選ぶアイテム

NATIVE SONSのアイウェア

34,000円(税抜)

iPhone Case

150,000円(税抜)

ESTEBAN サンタル スティック

1,000円(税抜)

Copyright © HATCH and eight co.,ltd. ALL RIGHTS RESERVED.